不動産鑑定士について

不動産鑑定士とは

 不動産鑑定士は、不動産の「価格」や「賃料」を判定する専門家です。

 不動産の価値は日に日に変化しており、不動産の売買や賃貸等において適正な「価値」の設定が重要となります。不動産鑑定士は地価の変動や、物件の交通の便、周囲の環境などを考慮し、客観的に不動産の「適正な価値」を判定します。

不動産鑑定士の主な仕事

不動産鑑定士の主な仕事

 土地や建物などの不動産について、調査、検討を行い、鑑定評価を行い、鑑定評価額を決定するのが不動産鑑定士の仕事です。

 中でも、法律に基づく「不動産鑑定評価書」の作成は不動産鑑定士だけに認められています。

 また、国や都道府県が公表する地価公示や地価調査、 相続税や固定資産税に係る評価のほか、公共用地の取得、裁判上の評価、会社の合併時や現物出資の評価、相続に係る評価、さらには、不動産に関するコンサルティング等、広く公共団体や民間の依頼に応じて、不動産に関する多彩な業務を行っています。

不動産鑑定評価はこんな時に活躍します

Show More
不動産を売る側、買う側の双方が納得できる価格を決定するための材料として不動産鑑定評価が役立ちます。

不動産を売買するとき

賃貸借契約で発生する家賃・地代などの妥当性を判断する際の根拠として不動産鑑定評価が役立ちます。

不動産を賃貸するとき

相続・贈与するとき

遺産や贈与財産の中に不動産が含まれる場合、分配や納税のために適正な価値を知る必要があります。

不動産を担保にするとき

所有する土地や建物を担保にお金を借りる際、不動産鑑定評価は借りられる金額を左右する要素になります。
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now